ビオトープとは | 人と自然の研究所

人と自然の研究所

ビオトープとは

ビオトープとは

 ビオトープ(Biotop)とは、ドイツ語の生物(bio)と空間(top)を合成した言葉で、一言でいうと「野生生物の生息空間」のことを言います。
 「生物群集が生存できる環境条件を備える地域」のことであり、生物がその中で餌を取り、休息をし、産卵するなど、生きるのに必要な環境条件が、自然に成り立っている場所のことを指しています。

 ビオトープは、池など「人がつくった施設」を指す言葉ではなく、古くから自然によってつくられてきた自然環境そのもののこと指します。
 そこに生物が棲んでいれば、白神の森も、都市を流れる川も、地球のあらゆる場所がビオトープと言えます。

 ビオトープづくりとして、例えばホタルのいる場所を再生させたいとしたら、ホタルが自然に戻ってきて、勝手に生きていけるような環境を整えることが必要です。
 それには、自然の仕組みをしっかりと把握しておくことが必要です。
方法を間違えば、「自然再生」と思ってやったことが、新たな「自然破壊」となってしまうこともあります。

 近年、ビオトープが人の影響によって壊されていることが問題となり、保全・再生の重要性がさけばれています。
 ビオトープをこれ以上壊さない、人が壊してしまった所は、その原因を取り除き、その場本来の環境を取り戻す。
 これを実現していくための、自然と人の関わり方を構築していくことが、今強く求められるビオトープ管理といえます。

 ビオトープ(Biotop)とは、ドイツ語の生物(bio)と空間(top)を合成した言葉で、一言でいうと「野生生物の生息空間」のことを言います。
「生物群集が生存できる環境条件を備える地域」のことであり、生物がその中で餌を取り、休息をし、産卵するなど、生きるのに必要な環境条件が、自然に成り立っている場所のことを指しています。

 ビオトープは、池など「人がつくった施設」を指す言葉ではなく、古くから自然によってつくられてきた自然環境そのもののこと指します。そこに生物が棲んでいれば、白神の森も、都市を流れる川も、地球のあらゆる場所がビオトープと言えます。

 ビオトープづくりとして、例えばホタルのいる場所を再生させたいとしたら、ホタルが自然に戻ってきて、勝手に生きていけるような環境を整えることが必要です。
それには、自然の仕組みをしっかりと把握しておくことが必要です。
方法を間違えば、「自然再生」と思ってやったことが、新たな「自然破壊」となってしまうこともあります。

 近年、ビオトープが人の影響によって壊されていることが問題となり、保全・再生の重要性がさけばれています。
ビオトープをこれ以上壊さない、人が壊してしまった所は、その原因を取り除き、その場本来の環境を取り戻す。
これを実現していくための、自然と人の関わり方を構築していくことが、今強く求められるビオトープ管理といえます。

Facebook

  • © 2014 NATURE CITIZEN INSTITUTE.
  • Facebook